朝顔(アサガオ)の育て方について

アサガオと言えば、小学校に通っていた頃の思い出がよみがえってきますね。授業の一環でみんなでアサガオを育てたのを思い出します。5月ごろに種まきをしてちょうど夏休みになる頃に花が咲きます。そのアサガオをスケッチして学校に提出していました。あなたもそうだったのではないでしょうか。
アサガオは比較的簡単に育てられる植物なので小学生でも簡単に育てることができます。しかし、ただ土に種を撒いただけではもちろんダメです。
小学生の頃の記憶も曖昧でしょうから、もう一回小学生の頃の気持ちに戻って栽培方法を確認しましょう。アサガオアサガオの育て方
1、種を水につける種は堅いので一晩水につけてたっぷりと水を吸わせます。そうすることで芽が出たときにカラが破れやすくなります。市販で売られている種の中には発芽しやすいように、すでに処理されているものもあるので、その場合は下準備は不要です。
2、培養土を用意アサガオは直まきでも移植でもどちらでも育てられます。プランターで育てる場合は、まず薄く小石を敷いて水はけを良くします。その上に培養土をふんわりとなる感じで入れます。この時、プランターを設置する場所は、アサガオは日当たりを好むため、午前中にいっぱい日の当たる場所を選びましょう。
3、種まき土の上に種を撒き、土を1㎝程度かぶせます。そしたら、たっぷりと水をあげてください。
4、水やり発芽するまで毎日水をあげましょう。基本的には土の表面が白く乾いたらたっぷり水をあげます。真夏の水やりは朝夕の涼しい時間帯にしましょう。
5、芽が出てきたら芽が出てきたら間引きをします。10㎝くらい離します。
本葉が7~8枚になったら脇芽を残すようにつるの先端をカットします。脇芽が成長し、株にボリュームが出て花つきがよくなります。6、さらに成長してきたらアサガオ苗が50㎝くらいに成長してきたら肥料を与えます。このとき、肥料は株から離してあげましょう。
つるがかなり成長してきたらネットや支柱に絡ませてあげましょう。そして数か所軽くとめておくといいでしょう。
9月の終わりごろまでアサガオを楽しむことができます。アサガオは簡単に育てられますのでこの機会にお子様と一緒に育ててみるのもいいですし、夏の風物詩としてガーデニングにもいいのではないでしょうか。

産み分けゼリー 妊娠しにくい

コメントは受け付けていません。